転職コネクション

人材紹介エージェントが語る/建築・不動産業界で働く方に向けて/転職ノウハウBlog(+趣味、子育て・・・)備忘録的に発信していきます

賃貸仲介営業職/20代/キャリアの可能性について考える

皆さんこんにちは!

 

自分自身のキャリアに対する悩みって恋愛だったり保険選びだったり家探しだったりと人生において定期的にぶち当たるおなじみの悩みですよね。

 

これからシリーズ化をしていこうと思いますが、今まで様々な履歴書、職務経歴書を読み込んできたからこそ見えるキャリアの積み方をパターン別にお伝えしていこうと思います。

 

f:id:tenshoku-press:20210131180326p:plain

【ターゲット】

・賃貸仲介営業職

・20代

 

どんな仕事? 

 

駅前にある不動産屋さんをイメージしてください。

ハウスメイト、アパマンショップエイブルなどがイメージつくでしょうか。

 

いったいここで働いている方はどんな仕事をしているのか?

基本的に営業マンしかいません。一部物件情報を掲載したり、お茶を出したりなど

事務的なお仕事をする方もおりますが基本営業の方だけです。

 

f:id:tenshoku-press:20210131225446p:plain

【賃貸仲介営業の仕事の流れを簡単に説明します。】

1.suumoなどのネット広告やチラシに物件情報を掲載する

 

2.広告情報を見てお客様が来店する

 

3.お客様の要望を聞き物件を紹介、内覧、納得した物件の契約

 

どんなスキルが得られる

・対個人営業スキル

・車の運転スキル

・ニーズを把握するスキル

ヒアリングスキル

 

f:id:tenshoku-press:20210131225615p:plain

よく聞かれる転職理由

 

転職相談に乗る際によく聞く理由は以下です。

 

1.結婚して子供も生まれたので土日に休める仕事をしたい

2.もっと稼げる仕事に就きたい

3.店長職以上の役職に就けない(キャリアの頭打ち)

4.高単価商材の営業にチャレンジしたい

 

↓(詳しく説明します!)

 

1.賃貸仲介は基本土日に仕事が殺到しますので休めません。

ですのでライフステージの変化によってお休みの希望が変わってきますね

 

2.賃貸仲介営業は不動産業界の中においても比較的客単価が安いサービスです。

基本的に仲介手数料で稼ぐビジネスモデルです。

仲介手数料は、入居者と大家さんの両方から受け取る場合であっても、「家賃の1カ月分+消費税」が上限という決まりになっています。

仮に家賃10万円の1Rの契約が取れた際は最大で11万円程度が仲介手数料の目安です。

 

3.営業所は場所や規模にもよりますが店長がいてその下に多少の職位の差はあるものの、数名の営業マンと事務さんがいるような組織でがほとんどです。

5名~10名程度の組織です。

 

実績を短期間で出すことも当然可能ですしそうなると短期間で役職が上がり店長も夢ではありません。店長になりますと今まで培ってきたスキル以外にマネジメントスキル、指導・教育スキルなどが+αで積めます。

 

ですが店長職以上のキャリアを積もうとしたときに多店舗展開していればまだその上の役職はありますがそうでないとずっと店長から抜け出せないことが多々あります。

アパレル店舗の店長も同じ悩みを抱えている方が多いですね。

 

4.先ほど記載した通り比較的単価の安いサービスですので、一定の営業成績を数年達成し続けるような方ですと物足りなくなってきます。

会社にもよりますがインセンティブ制度や業績連動の賞与がありますので入社前にどのくらいの成績を収めたらどのくらいの給与をもらえるのかシミュレーションしておくのも手です。

 

f:id:tenshoku-press:20210131225704p:plain

 

キャリアの可能性

「宅地建物取引士」の資格は取得することをお勧めいたします。
資格がない方ですと年齢が高くなるにつれて書類選考の難易度が上がっていく
傾向にあります。
※もちろん資格をお持ちでなくても圧倒的な悔過を残されている方は見て頂けますが


賃貸仲介営業(より高単価なサービス)


芸能人や大使館職員、外資系企業の赴任者など日本に駐在する富裕層向けの
物件を取り扱っているところもあります。
扱う金額をより高額にしていくこともキャリアアップのひとつです

 

マンション、戸建住宅販売営業

賃貸仲介営業の経験を活かし販売営業に就かれる方もいらっしゃいます。
ToC営業経験をそのまま活かせますので給与水準がアップする方が多いですね。
ここでも平均販売価格が3,000万円なのか数億円なのかによってもお客様の層が
違いますので営業としての動き方が若干変わってくるかと思います。

 

売買仲介営業

扱う金額をより高額にしていく手段の一つとして働き方は変わりますが
売買仲介営業も良いのではと思います。
物流不動産、法人向け商業ビルなどToB向けを扱う企業でしたら
土日休みも実現できますし、ToC営業からToB営業へキャリアチェンジもできます。

 

用地仕入れ営業

デベロッパー(マンション、ビル、都市開発・・・)、ハウスメーカー、ビルダーなど
はこの職種が必ず存在します。
土地を取得しそこの土地に戸建やマンション、物流施設などを建てていく、
その企画開発を行っている会社です。

土地情報の取得に関し仲介会社との強いパイプや長年の営業から築き上げた
情報網がものをいうお仕事です。
土地の価格にもよりますが数千万円~何十億もの規模まで様々ですのでかなり
大規模な仕事に携われます。

※「太陽光発電に使う土地の仕入れ」や「ゴルフ場の仕入れ」などの
ご経験者は私の個人的な感覚ですと嫌煙されがちです。情報の取得方法が
若干異なりポータルスキルの転用ができない可能性があるからです。

 

部署の立ち上げポジション

多くはないですが、長年賃貸仲介の営業、店長職をご経験されてこられた方で、
別会社の新部署立ち上げ責任者としてオファーされるパターンもございます。
企業によりますがプレーイングマネジャーとして迎え入れるか、
完全にマネジメントに徹していただくポジションで迎え入れるかでしょうか。

 

社内異動の活用

すぐにでも転職したいというご志向性でないならば次を見据え
ポータルスキルの獲得に乗り出しても良いかもしれません。
社内異動は転職をせずとも新しい経験スキルが積めますのでお勧めです。
新たな異動先で培った経験を基に転職することも可能です。

 

まったく異業界、営業職への転職

不動産業界を心底嫌になり業界から離れたいという方も
一定数いらっしゃいますね。
でもまだお若いですし、営業経験(ToC)もあるとみなされますので
異業界の営業職でも内定はとれる方は多い印象です。

 

まとめ

不動産営業をやってこられた方でいきなり管理部系、事務系への転職はなかなか見受けられません。平均年収に乖離があり希望に合わないことがほとんどだからです。

 

キャリアの選択肢は様々あると思いますし、ここで書かせて頂いた内容以外にもたくさんあると思います。

正解なんてないです、転職希望者個人個人で希望は違いますし、ライフステージでも変わってきます。

一番重要なのはキャリアの選択肢を多く持っておくことだと思います!

 

f:id:tenshoku-press:20210201123647p:plain