転プレ Blog

元人事、現人材紹介エージェントのブログ(転職、趣味、子育て・・・)備忘録的に発信していきます

元人事が教える、複数社内定を獲得した後にすべきこと

転職活動に関する本は星の数ほど出版されていますが、3冊くらい読んだら気付くはずです、転職活動の流れは今も昔もやり方は基本変わっていません。

 

流れは以下の通りです

1step 自分自身の棚卸(自己分析)、方法性の整理

2step 履歴書、職務経歴書の作成

3step 求人を探す

4step 面接を受けてみる

5step 内定後、現職や他社との比較検討

6step 現職の退職手続き、そして次の会社への入社手続き

 

だいたいこの6stepになります。

 

転職を経験している人であれば1~3stepくらいまでは同時進行しても良いかと思いますが、“最終的にこの企業に決める“その局面を迎える際に一番重要なのが1番(自分自身の棚卸(自己分析)、方法性の整理)です。

このフェーズを適当に作業のようにこなしたり、焦って無理やり納得感を出したりすると誤った選択になり結果的に入社後ミスマッチになってしまいます。

 

今回のブログではしっかり自己分析を行った結果どのようなプロセスで最終的に会社を決めていったら良いかをお伝えします。

 

①企業選びのポイントを改めて書き出してみる

自分自身で決めた企業選びのポイントを思い返してみてください。

面接を受けた会社は当然自分自身で決めた軸に当てはまった企業のはずですし、

内定が出た会社も同じことがいえるでしょう。

 

【企業選びのポイント】

・企業規模(売上・利益・従業員)

・得意な領域(業界、職種)

・資本(独立系、グループ会社)

・経営者のプロフィール、人柄・経歴や経営方針

・経営計画と経営課題

・採用背景、求める人物像とその理由

・社風や働いている人のプロフィール・雰囲気

・労働環境(労働時間、勤務地)と離職率

・給与(月給、年俸、賞与、インセンティブ)、福利厚生

 

②優先順位を決めてみる

このポイントを優先順位順に並べ替えてみましょう!

なにを一番大切にしているのかは企業選びの際に既に考えてきたことだと思いますのでそこまで悩まずにできると思います。

 

③客観的に判断する

この各ポイントにおいて今回内定を獲得した複数企業で〇△×判定を

してみてください。

これで〇や△が多かった企業がまず候補と言えるでしょう。

 

点数をつけるでも良いですよ!

〇:5点

△:2点

×:0点

 

合計点が多い企業、それがあなたが希望している企業に近いと言えますね!

 

④情報を補う

各項目において自分自身が取得した情報では判断がつかない場合、しっかり情報収集

をしましょう。

エージェント経由であればエージェントにまず情報の確認、自分で直接企業に応募したのであれば、面接時に納得いくまで聞いてみましょう。

 

※よく残業時間、給与の事をきくと落されるのではと懸念している方もいますが、生活するうえで給与は最も重要ですし、気持ちよく働く上で残業時間も重要です。この項目に対し質問したからと言って落とす企業は最初から入社しなくていいです、あとあとミスマッチに繋がります。

 

また女性で最近特に多い質問が「結婚」にまつわる事です。

年齢的に結婚、早期退職を想起させやすく、スキルがある方でも面接で委縮してしまう方もいるようですが、非常に勿体ない話です。

 

年齢、性別にかかわらず自信をもって面接に臨んでください。

面接時に育休からの復帰率や配属先の部署に育休中の方は何人いるの?とかしっかり質問してください。

 

この質問をして嫌な顔をする企業は恐らく、育休や復帰後の時短勤務に対し会社の体制が追い付いていない会社です、断言します。

 

しっかり質問することで 自分に合わない企業は自然と去っていき結果的にマッチした企業と出会えますので是非実践してみてください。